職場の上司に大きな不満があるならば転職を決断すべき

 私は、34歳の時に直属の上司とどうしても反りが合わず、転職をしたことがあります。その上司は、どんな仕事に対してもいい加減で適当な采配を振るっており、それがマジメな性格の私には許せなかったのです。職場というのは、長い時間上司と接しなければいけない場所ですから、私のように上司と反りが合わないと、それは大きなストレスとなります。ただ、上司というのは部下が選ぶものではないので運による要素がとても強く、職場で働いてみなければわかりません。ですから、それを理由に転職を決めたときも「次の会社でもそういう上司だったらどうしよう」という考えが頭を過ぎりました。

 

《お役立ち情報》
34歳からの転職に成功する秘訣とは
34歳の転職

 

 しかし、少しでも環境を変化させなければ、その状況は変わらないという気持ちがわき、それが転職をする決め手になりました。本来、職場の上司が気に入らないからといって、安易に転職すべきではないと私は考えています。しかし、どうその職場で努力してみてもそれが改善されない場合は、思い切って転職をしたほうが人生はプラスになるということを私はその転職で学びました。そのとき転職した次の職場では、私と同じで仕事に対してマジメに取り組む人だったので、とても私は救われました。ですので、どうしても職場の上司に大きな不満があるならば、私に限らず転職を決断するべきだと思っています。