20代前半の転職について覚えておきたいこと

 今の会社が気に入らない、もしくは仕事量が多すぎてだと感じる20代前半の方がいらっしゃるかと思います。特に入社して1年目から2年目の方が多いです。そのような方の多くが転職をすれば今より良い会社に行けると言う妄想を抱いている方が目立ちます。しかし、今の職場より仕事が楽でしたり、改善する可能性はほぼ無いでしょう。

 

 その理由として、そもそも早期で退職された方を企業は採用したくないからです。例えば皆様がある会社の社長だとします。そして今回面接にきた方はAさんが新卒、Bは新卒で入社して1年以内に退職した方、Cが入社して5年経ってある程度のキャリアと語学力は英語を日常会話できるレベルです。この3人の中で2人採用しなければならないと言った場合、皆様でしたらどの方を採用しますか。面接してみないと分からないと言われる可能性もございますが、殆どの方はAとCを採用するかと思います。

 

 新卒であれば育てれば成長するかもしれませんし、Cの場合であれば即戦力になります。しかしCの場合、1年も経たずに退職してしまい、それなのにたいしたスキルも持ち合わせていないのであれば採用する意味がありません。企業も慈善団体でありませんので、即座に落とすかと思います。ですのでもう少し頑張りスキルを磨く方が良いでしょう。