エントリーシートを書くのは大変!

新卒の就職活動において語るに欠かせないことがらに、エントリーシート(通称ES)の存在があります。
エントリーシートとは、企業が求職者の人柄を知るために課す文章型の申込書です。
多くの企業が、選考の初めの段階にこのステップを用意しています。

 

風変わりな質問をしてくる企業はめったにありません。
大学時代に一番力を入れたことは?
自分の長所は?短所は?
乗り越えた困難は?
など、自身のことについて聞いてくる設問が大半です。

 

そのほか、
入社して成し遂げたいことは何か?
どうして●●職(営業とか企画とか)志望なのか?
など、自身のことプラス、業界研究や企業研究が必要な質問も多々あります。

 

<おすすめページ>
教師 転職
教師へ転職をするときには教員免許が必要です。しかし塾の講師は教員免許扶養で教師となれます。
xn--euts3ncty2fn.net

 

何も奇抜なことを書かなければいけないわけではありません。
頑張ったことはゼミやサークルで充分ですし、ゼミ長とか部長でなくとも構いません。
ただし、各設問との間で矛盾が生じてはいけません。
例えば、「どう頑張ったどう乗り越えたのかの説明と、長所とがどうも一致していないなぁ」と採用担当者に思われるような内容ではだめということです。

 

エントリーシートでは、自分を不必要に飾らず、個々の質問だけではなく全体をよく見て回答することが大切です。