中高年でも海外へ進出して就職できるのでしょうか


 たしかに最近では海外へ、進出する企業が増えています。これまでも海外へ進出する企業はありましたが、近年ではその傾向にも変化が見られます。これまでは人件費が安い中国やタイなどの東南アジアに工場を建設する会社や企業が多かったのですが、日本国内の需要の冷え込みや市場の飽和化から脱却するために発展途上国へ新たな市場を求めて企業が海外へ進出しています。

 

 そのためこれまでのような工場だけでなく、さまざまな業種の会社や企業が海外進出しています。たとえば日本料理店などは以前から海外にありましたが、国内需要の冷え込みからさらに拍車が掛かっています。またコンピュータゲームやIT関連などの会社や企業も、東南アジアに進出するところが増えています。

 

 もちろん工場の進出も多いのですが東日本大震災後は、大企業に限らず中小企業の進出が目立ちます。地震が多い日本のリスクヘッジもありますが、土地や人件費が安い上に人口が増えている東南アジアは魅力的な市場です。言葉の心配ですがエンジニアであれば日系企業のほとんどが、日本語ができる現地の従業員を採用しているので心配はいりません。

 

 また仕事もエンジニアであれば、60歳を過ぎていても求人はたくさんあります。あと海外での仕事の探しかたですが、日本国内の就職支援サイトなどにたくさん求人情報があります。特にエンジニアであれば、海外での就職はそれほど難しくありません。中国や東南アジアであれば食事も日本人の口に合うものも多く、物価も安いので暮らしやすいと思います。